葬儀終了

最近、新聞のお悔やみ欄に「葬儀終了」と記載されているものが目に付く。

殆どが近親者のみで葬儀を執り行った場合だ。

このお悔やみ欄を見て、近所の人や故人と親しかった人、お世話になった人などは弔問をためらう場合が多い。

改めて、個人を偲ぶお別れの会とかを行う場合は別だ。

遺族からは、そっとしておいて欲しいと言う場合、皆さんに気を遣わなで欲しいという場合もあるかもしれない。

最近は家族葬も増えている。

その遺族の家により、様々な場合がある。

葬儀終了のお悔やみ欄を見て、弔問に行くべきか、遠慮すべきか。

私の身近にも最近、2件のこのケースがあったが、私は2件とも弔問に行った。

いずれも、遺族は迷惑な表情は一切なく、快く弔問を受け入れてくれた。

f:id:akita319:20190328065839j:plain