花園目指す男鹿工業

秋田のラグビーの話題で最近は秋田工業と秋田中央が多い。

そんな中で1週間後の秋田県の花園予選決勝は秋田工業対男鹿工業である。

男鹿工業ラグビー部は来年創部40年を迎える。

男鹿工業は男鹿市船越に金足農業高校の分校として歴史が始まった。

ラグビー部は昭和56年に部員4名で発足。

その4年後に秋田市立高校(現秋田中央高校)のラグビー部監督の内藤徳男先生が男鹿工業に赴任し、新監督となって定年の平成23年まで昭和63年、平成4年、6年、9年と、過去4回花園出場を果たしている。

その中で、平成4年の2回目の花園出場は強豪である大阪の啓光学園と3回戦で対戦し、21-22の1点差で惜敗する好チームだった。その時は県の花園予選で秋田工業に10-3。当時のメンバーの一人、金森副主将の長男、次男が秋田工業ラグビーに入部。次男は現在1年生。

現在、男鹿工業は、男鹿海洋高との統合問題にも直面している。

男鹿工業にとって花園100回記念大会の今年は、花園出場へ闘志を燃やしている。

f:id:akita319:20201025100157j:plain

平成23年に発刊された創部30周年記念誌の表紙

f:id:akita319:20201025100223j:plain

花園初出場の記録

f:id:akita319:20201025100317j:plain

f:id:akita319:20201025100341j:plain

花園2回目出場の記録

f:id:akita319:20201025100412j:plain

 

東北の花園予選

高校ラグビー東北地区花園予選の状況です。

青森県 優勝 青森山田  準優勝 青森北

山形県 優勝 山形中央  準優勝 山形南

岩手県 優勝 盛岡工業  準優勝 黒沢尻北

福島県 10月31日決勝 磐城ー松韻福島

宮城県 10月25日決勝 仙台育英ー佐沼

秋田県 10月31日決勝 秋田工業ー男鹿工業

町内活動編

今日(土)と明日(日)の秋田市は、どうも悪天候で雨模様の様だ。今朝は時折、風雨になっている。

今日は全国高校サッカー秋田県予選決勝戦 秋田工業対明桜(旧経大付属)がある。

この大会の観戦・応援者は高校ラグビーと同じく部員の保護者の家族と大会関係者のみとなっている。

秋田工業が勝てば初優勝となる。

今年は新型コロナの関係で町内活動行事が相次いで中止となった。

我が町内でも敬老会と運動会の2つのビッグイベントが中止になり、それらの予算を町内会の古くなったゴミ箱の交換費用にあてることにした。

町内会では毎年1個づつ交換を目指している。

f:id:akita319:20201024075113j:plain

新しい2つのごみ箱。価格は1個15万円ほど。

f:id:akita319:20201024075135j:plain

 

なまはげさん

f:id:akita319:20201022202953j:plain

1週間ほど前に男鹿のラグビー仲間から、もぎたての甘い梨をいただいた。

今度は別の男鹿のラグビー仲間から新米をいただいた。

大変有難い。

梨もお米も男鹿産のものだ。

10日後、高校ラグビー花園予選秋田県勝戦は秋田工業対男鹿工業戦が楽しみ。

お腹にたまるのはガスだけ

歳をとってくると食事の量が減ってくる。

外食してもランチはご飯少なめとか、半ライスとかにしてもらう。

夕食も少なめにすると、寝るまでにお腹がすいて、つい間食をしてしまう。

これが肥満の元。

年齢とともに胃腸の動きが悪くなってきているのに夜の間食となると胃腸に悪いのはわかっているのだが・・・・。

結局は胃腸科のお世話になってしまう。

そうならないようにと、健康飲料などで様子をみたりする。

f:id:akita319:20201021202506j:plain

夜の間食は、自分のからだが目に合わないと止められない。

f:id:akita319:20201021202538j:plain

 

山王かいわい

昨日の秋田市は秋晴れの気持ちの良い1日だった。

日中の最高気温も19℃ほどで暑くもなく寒くもない。

土・日は悪天候だったので久しぶりの好天の感じもした。

今日も秋田は夕方まで好天のようだ。

f:id:akita319:20201020194911j:plain

秋田市役所裏の遊歩道

f:id:akita319:20201020194925j:plain

秋田市八橋(やばせ)のあきぎんスタジアム

10月31日(土)には全国高校ラグビー大会秋田県大会決勝戦、秋田工業対男鹿工業戦が行われる。

f:id:akita319:20201020194946j:plain

秋田市山王 「しの八」の日替わりランチ650円

時代は変わる

今朝の秋田市は快晴の秋空。

昨年夏に町内の公民館に18平方メートルほど増築し、外壁なども改修した。

このほど県から不動産取得税申告と減免申請の手続きをするようにと通知が来た。

添付書類が多い。

法務局からの登記簿、市役所からの地縁団体の証明書、増築工事にかかわる総会の議事録、決算書、工事の契約書、平面図など。

さらに、これらの書類には原本証明を記入するものもある。

これらの書類を揃えるのに半日かかった。

現役の仕事を持っていると半日を休暇を取って動かなければならない。

登記簿の交付を受けに法務局に行った。

10年ぶりの法務局。

前職は住宅会社に勤務していた関係で、法務局にはよく通っていたが、定年後は法務局には縁がなかった。

懐かしい窓口。以前よりはコンパクトになり、閑散としていた。以前は法務局の食堂にもよく行った。

タンメンがおいしかった。

10年ほど前までは交付手数料は「登記印紙」で支払った。

今は収入印紙になっている。

窓口の女性に、「前は登記印紙だったよね」と、言ったら、窓口の女性は何のことだかキョトンとして知らなかった。

時代が変わったと思った。

f:id:akita319:20201019193250j:plain

<秋田地方法務局の窓口>