秋の一日

10月13日の朝は秋田市秋田空港近くの国際教養大学へ寄り、ラグビー部員を車に乗せて岩手県奥州市水沢での東北地区大学ラグビーリーグの試合会場,水沢桜づつみ公園グランドへ向かった。


グランドは河川敷、ゴールポストの後ろにはJR東北本線



ノースアジア大学国際教養大学合同チーム対岩手医科大学の試合





私が一番興味がある国際教養大学のマイケル(右)、ひょうきんさと、突破力がいい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東北地区大学ラグビーリーグの試合を終え、秋田市に戻って部員を大学まで送った後は八橋球技場へと向かった。トップイーストラグビー秋田ノーザンブレッツセコムラガッツ戦を終えたセコムの安藤監督と監督の父親が球技場で待っているというからだ。

秋田県男鹿市出身のセコムラガッツ 安藤敬介監督(左・男鹿工業高ー早稲田大)、高校時代の元監督の内藤徳男先生(中央)、安藤監督の父 茂夫さん(右)

 
 内藤元監督は、教え子の安藤監督に短時間ではあったが監督業を伝授
(左)は秋田ノーザンブレッツ 新出康史ゼネラルマネージャー(秋田高ー明治大)




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
夜は男鹿市船越で行われた男鹿工業高校ラグビー部の全国高校ラグビー大会秋田県予選激励会へ出席



男鹿工業高の激励会ではサプライズ。
地元に帰ったセコムの安藤監督が急きょ、試合の終わったグランドから母校の後輩たちの全国大会県予選激励会に出席。   

                                                                                    秋田ノーザンブレッツ戦を終え、後輩達に「全国大会県予選では悔いの残らない試合を」と、激励を述べるセコム安藤慶介監督(男鹿工業高 全国大会4度目出場時の主将)