大仙市・仙北市の大腸がんの取り組み

昨日は大仙市大曲へ行った。
大曲駅近くのゲストハウス フォーシーズンで市民公開講座 「市民を大腸がんから救う為に  〜大仙市・仙北市の取り組み〜 」の講演会の手伝いのためだ。
講師は昭和大学横浜北部病院 消化器センター長 工藤進英先生(大仙市出身)と、国立がん研究センター 検診部長の 斎藤 博先生。
大仙市長と仙北市長はじめ、両市の市民約300名が聴講した。