異例の卒業式を前に

ようやく3月、いよいよ3月、あっという間の3月。

新型コロナで開けた3月。

マスク、消毒液、果てはトイレットペーパーまで商品棚から消えた。

3月は卒業式シーズン。各地で学校の卒業式が行われる。

今年は異例の卒業式になる。

卒業を前に昨夜、秋田市のホールで男鹿工業高校ラグビー部の3年生を送る会が行われた。

3年生は3年間の思い出のほかに、親に対する感謝の言葉を述べえる新しい試み。

男鹿工業では毎年、ラグビー部の文集を発行している。

今年で35号になる。

最初は、部員の手作りだったが、今や立派に製本されている。

f:id:akita319:20200229184935j:plain

f:id:akita319:20200229183613j:plain

f:id:akita319:20200229194557j:plain

f:id:akita319:20200229193657j:plain

f:id:akita319:20200301002402j:plain

f:id:akita319:20200229183440j:plain

新型コロナウイルス感染予防で、ホールスタッフは全員マスク姿。異様な感じも。

今年の卒業式は、卒業生と学校側が主体で保護者や在校生の出席は制限される。