秋工 新グラン完成日の一日

初秋の秋晴れの各地でスポーツ、文化、行楽と様々な行事が行われた秋田県内。
さわやかな絶好の天気のもと、秋田工業高校ラグビー場人工芝完成オープニングの一日です。


午前10時から行われた神事。司どるのは学校のある保戸野金砂町(かなさまち)にある金砂神社。



秋田県ラグビーフットボール協会 千田邦宏会長


村井主将


ラグビー部OB会 中野 直会


神事のあとには、新装のグランドをチビッコに解放。
秋田県ラグビーの底辺だ。


午後から行われたオープンセレモニー

 


記念ボールのパス
 
 




オープニングゲームは秋田工業高対盛岡工業


夜は会場を移して祝賀会が行われた。
総合司会は私が担当。開始直前にプログラムを渡され、リハーサル無しの、ぶっつけ本番である。



秋田工業高 西 聡(さとし)校長の謝辞


主催者側の秋田工業高 ラグビー後援会 瀬田川栄一会長


ラグビージャージを着用での佐竹秋田県知事の来賓挨拶


招待チームの盛岡工業ラグビー部 小笠原常雄監督を囲んで
(前列中央。小笠原監督は釜石シーウエイブスの前身の新日鉄釜石のV7戦士)
盛岡工業高の監督歴18年、全国大会出場10回
後列中央の秋田県ラグビーフットボール協会常任理事 内藤徳男氏と後列右の秋田工高ラグビー部OBの渡辺哲夫さん(通称 ダンボ)とは法政大学ラグビー部OB組でもある。


ラグビー場完成のお祝いに盛岡工業高校ラグビー部から贈られた記念ペナントと秋田工業高の校章入りの木製ボール。




祝賀会の締めはラグビーOB会によるラグビー部歌の斉唱
音頭は伊東真吾氏。
部歌の音頭は主将でなければ出来ない。


祝賀会終了後はラグビーOB会メンバーの二次会へ

なんたって大騒ぎ!
カウンターのバーテンダーは現ラグビー部の池田ヘッドコーチ (中央)と元コーチの伊東真吾氏(右)、その姿は、さまになっている。本職顔負け
出るカラオケの曲目は、珍曲だらけ。


盛岡工業高 小笠原監督もカラオケでオハコを披露