お盆前の週末

昨日の土曜日は、まだ、なじみが少ない「山の日」。
山の日と知った人からは、振り替え休日は無いのか?とか。
お盆前の秋田市では昨夜、雄物川の花火大会があった。
オジサンは、朝から竿燈の後始末を行った。朝方、雨が降ったが少しづつ晴れ間が出てきた。
竿燈まつりで使用した竿燈の竿の解体や、使用した提燈(ちょうちん)に取り付けたロウソクのとけた部分の取り除く作業、そして竿燈用具倉庫の整理と、朝から夕方までかかった。
そのあとは、千秋公園で今が見ごろのお堀のハスをゆっくり見て色々考えた。
そして、温泉に行きながら、ゆっくりしようと思い立ち、田沢湖の秋田芸術村 わらび座のナイトステージショーに行くこととし、予約の電話を入れ、仙北市の田沢へ向かった。
秋田市からは車で1時間半足らず。
ナイトステージは午後7時半から途中15分間の休憩をはさんで8時半までのショーだ。
会場の「ゆぽぽ」へ行き、開演までの間、温泉に浸かった。
いくらか足と腰痛に良いかなと。
1時間のナイトステージ。ここ3年間、この時期、毎年行っている。
今年は新人チームが主体であったが、必ず地元の角館まつりのお囃子と青森のねぶたばやしをやってくれる。
ステージが終わる帰路の気温は19℃、車ではエアコンのいらない温度。
少しづつ秋の気配に向かっているのが感じられた。
昨年は帰り道を間違ってしまった。今年は大丈夫と思っていたが、又もや同じ個所で曲がるとこを間違った。夜道は注意が必要だ。

<竿燈ちょうちんのロウソク落とし>