古紙たんたん

虎視眈々(こしたんたん)という言葉がある。
意味は「虎が獲物をねらって鋭い目でじっと見下ろすように,機会をねらって油断なく形勢をうかがっているさま。」 「 −と王の座をねらっている」
しかし、今は古紙の値上がりで「古紙耽耽(こしたんたん)」
原因は中国で紙の需要が増えていると言われる。
何故中国で?
中国の経済発展で、いままで贈答品は簡単な袋詰めだったのが、紙の箱入りになってきて紙の需要が増加し、中国などへの輸出が増えてきたとか。
我が国では最近、古紙が狙われているかも。