男鹿に

仕事での8月〜9月の美郷町(六郷)から始まり、能代、角館、横手、由利本荘、大仙(大曲)、湯沢、大館、鹿角(花輪)と続いた秋田県内周りは昨日で終了。
最終日は近場の男鹿市に行った。秋田市から約30キロ。
半袖か、長袖か迷いながら、車には両方持参した。
仕事で男鹿をまわるのは、普段と感覚が違う。とにかく時間に追われる。
余裕を持ったつもりでも、油断すればギリギリになる。

天王出戸浜から男鹿を望む


観光客を出迎える「ナマハゲ」の巨大像


ナマハゲ像の右の岩の陰に小さく見えるカップル(昔でいえば、アベック)。
ナマハゲ像がいかに大きいかわかる。


男鹿市の入り口の船越。スーパー アマノ、男鹿工業高校などがこの通りにある。
中央の寒風山(かんぷうざん)を仰ぎ見る。
お昼には男鹿工業高校の進路指導室にも立ち寄ってきた。来春3月卒の高校就職試験が一昨日からスタートした。


男鹿市船川の男鹿市役所通り


高台にある、船川第一小学校。
男鹿は秋田県ラグビーの盛んな土地柄。グランドにはラグビーゴールポストがある。


男鹿市マリンパークの芝生が生える。

男鹿市文化会館付近

男鹿駅(旧船川駅)

男鹿駅前のナマハゲ像

男鹿駅前 やや寂しさを感じる。