秋田の歴史をたどる

昨日の日曜日は昼からぐんぐん気温が上昇。とても蒸し暑い日だった。          お盆を故郷で過ごした人たちの帰省ラッシュも。                      
今年の夏空は、カンカン照りの夏の空は少なく、連日曇り空の暑い日が続いている。                                                                                        午前中はテレビで甲子園での岩手の花巻東高校と愛媛の済美高校との野球観戦。 そして過去3年間の竿燈のDVD鑑賞。                                                                       午後からは天徳寺での佐竹藩の展示品の虫干しの見学後、秋田工業高校のグランドへ。天徳寺と秋田工業高校はすぐ近くだ。その後、秋田市中通の「にぎわい交流館」で開催中の「昭和の秋田 写真展」と「油谷これくしょん 昭和の遊び 大特集   You遊展」へと足を運んでみた。
見るものすべて我々の年代には懐かしいものばかりだった。
秋田市内に住んでいながらの秋田市内見物の半日であった。


秋田市泉の秋田藩主 佐竹家の菩提寺 天徳寺へ
毎年8月16日〜17日に佐竹家の寺宝の虫干しを兼ねて一般公開され、今年は運良く土曜・日曜日にあたった。

                  
秋田市民は秋田市の住宅街に、このような名所があることを普段は忘れている。
県外からの来訪者は大感激して見学していた。

                  

                     

                  
そのあとは昭和の秋田 写真展へ
 

そして昭和の遊び コレクション展へと
                   

               

                  

                  [
秋田の郊外は帰省客でラッシュに