ラガーの巣立ち

昨夜、秋田市で法政大学ラガーになる二人の激励会が行われた。
この3月に卒業した秋田中央高校ラグビー部の①プロップ木村友哉(秋田南中出身・写真左)と、秋田工業高校からは⑥フランカー松本 修(秋田桜中出身・写真右)

二人とも中学時代までラグビーは未経験ながら、高校時代は秋田県を代表するラガーだ。
秋田在住のの法政大学ラグビー部OB約20名が二人の今後の活躍を激励、法政大学ラグビー部歌でエールを贈った。3月20日には入寮する。
このほかに東福岡高校からは両親とも秋田出身の⑬門間 麗も法政大学へ進み、3名の秋田っ子がレギュラー入りを目指す。        
<門間 麗(東福岡高)>
法政ラグビー復活の担い手として期待される。