大寒


今日は暦では「大寒」だ。暦上では一年で一番寒い日となるが、秋田ではこの冬で一番暖かい。
予想最高気温はプラス9℃だ。今までの雪は、いくらか消えるだろう。しかし、週末には寒気が戻るという。 やはり、この冬は気象庁泣かせの異常気象だ。

秋田には小正月(こしょうがつ)がある。旧暦で2月14日が元旦にあたる。バレンタインデーでもある。
秋田では、この小正月の行事が、秋田県南部を中心に盛んだ。
2月6日には湯沢市皆瀬小安峡の「しがっこまつり」。大噴湯の渓谷に向かって伸びる巨大な「しがっこ(つらら)」がライトアップされ造形美を楽しませてくれる。
2月10日(水)には大仙市西仙北の「刈和野の大綱引き」だ。工藤進英先生と柳葉敏郎の出身地でもある。巨大な綱引きには迫力がある。
2月11日〜15日は、美郷町六郷の「かまくらと、竹打ち」がある。15日夜の地区を二分し青竹で打ち合う「竹打ち」は、さながら学生運動を思い出す。ヘルメットとタオルでのマスク姿だ。
角館の「火ぶりかまくら」、湯沢市では、雪像の「犬っこまつり」、横手の幻想的な「かまくらまつり」と目白押しだ。