パウダースノー


昨日からの雪は「パウダー状」だ。それだけ冷えている。ケーキのクリームに降りかかっているパウダーの様な雪で、サラサラして軽い。除雪はしやすいが量が多いと当然重い。連日の雪かきで、足・腰が痛み出してきた。
パウダー状の雪は「スダッレスタイヤ」の効きが良いようだ。ブレーキをかけても、あまりスリップはしない。
この雪が、少し融け出すと道路が「テカテカ」になり、スリップし易くなってくる。ちょっとした勾配でもタイヤが空回りしてしまう。
最近は、タイヤチェーンをしているのは、「クロネコヤマト」の宅配便のトラックと除雪車ぐらいだ。
乗用車ではタイヤチェーンを巻いている車は、お目にかからない。それだけスタッドレスタイヤの性能が良くなったか、FF車や、四駆、ABS装置の向上のせいかもしれない。
よくテレビのニュースで普段、雪の降らない地方のドライバーがタイヤチェーンを巻くのに四苦八苦八苦している姿を見る。
我々雪国のドライバーは、その分テクニックが上だという事になるのか。  自動車学校では教えたと思うが、タイヤ交換が出来ないドラーバーが増えている。まして工具や、スペアタイヤが何処に収納されてあるか? 知らないドライバーも多い。
若者のドライバー達よ、今一度自分の車の備品とタイヤ交換くらいは覚えて欲しい。タイヤ交換が出来れば、タイヤチェーンの取り付け方は簡単だ。
そういえば、日曜・祭日に車にスキーキャリアを付けて走る車は見えなくなった。スキー人口は減ったとは言え、最近のスキー場はどうなっているのだろう?
我々の若い時代は、車にスキーキャリアを付けて、毎週グループで田沢湖や太平山オーパス等へ行き、帰りに温泉に入って来たものだ。

・・・・・・・・・・
雪道は何よりも「急ブレーキ」、「急ハンドル」の禁止と十分な車間距離が必要だ。スリップしたらスリップした方へハンドルを持っていく。
シフトダウンも効果がある。
この寒波、天気予報では大雪注意報が出され、今晩からさらに30〜50センチ程度積もりそうだ。
暖冬の予報を出した気象庁は、頭が痛いだろう。